2017年07月31日

関東大震災の教訓。教訓か?

これは、戦争とは関係ないのだけど・・・

 ぼくの実家は、麻布で「魚勝」という魚屋兼仕出し料理屋をしていましたが、都市伝説のようなものがいくつかあって、その一つが「大地震が来る日は、地面からわき立つような不思議な暑い日だ」というもの。根拠というのが、関東大震災(大正1291日正午)を体験した、祖父や祖母の実感だというから、極めて心もとないデータなのだけど、「とにかくおかしな、妙に暑い日だったんだよ!」と何度も聞かされたため記憶に残ってしまっている。

 こんなことを思い出したのは、このところの東京が余りにも品のない暑さなので、「これじゃ我が家の都市伝説も蒸発しちゃうな」と思ったからなのだけど…伝説に続いて語られた「関東大震災当日」の「魚勝」の様子が、とんでもなくおまぬけだったため、貴重な大地震体験談が活かされていないような気がしている。

 その日、麻布の「魚勝」では、お昼時ということもあり、火を使ってさかんに調理を行っていた。そこに突然突き上げるような振動が走り、ものすごい揺れが始まった。調理をしていた曾祖母は大急ぎで火を消して、家の表へと飛び出そうとしたのだけれど、瞬間、頭によぎるものがあった。「そうだ!このまま店が潰れてしまっては大変だ。貴重品だけでも運び出そう!」

ここまでは、まっとうな思考である。

 そして彼女は、店の中を見渡して、何を思ったか、漬物用の大樽に載っていた50センチ四方はあろうかという「漬物石」を両手でむんずと抱えて、道路の反対側まで運んでいったのだそうだ。言っときますけどね、ごく普通の、灰色の、漬物石ですぜ。地震で店潰れてもぜんぜん平気な…ただの、石。

 地震の後、漬物石を家に戻すため、男が二人がかりで運んだというから、どんだけの重さだったのだろう。

 「地震の時っていうのは、火事場の馬鹿力みたいな力が出るんだね。それにしても、何も漬物石を運ばなくてもいいのにねぇ」と、笑い話で終わってしまうので、肝心の「関東大震災の教え」が何一つ記憶に残らない。

 そこで、子どもの頃のぼくは、勝手にこの話を教訓に置き換えていた。

 教訓:大地震の時は冷静になること。漬物石は運ばなくてよい。

ston (640x462).jpg
 石は運ぶものではなく、寝るものです。「石?」
  まさか〜、これはザブトンにゃ。


ラベル:関東大震災
posted by jin at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | ぼくが戦争を嫌いな理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

戻り梅雨

毎日毎日アメばかり。To you!

ametuyu (502x640).jpg
     アメは、いらんかね。

ラベル:戻り梅雨 アメ
posted by jin at 20:29| 東京 ☁| Comment(0) | ほぼ猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

金縛りの日々…

夏になると怪談話が盛んになって、それはもう笑っちゃうほど昔から同じで「ぞくぞくっと寒気を感じで、涼しくなりましょう」という趣旨らしいけれど(涼しくなんてならないでしょう)・・・・でもね、当たり前だけど、幽霊なんて1年中いる。あ、いや、こういうことを話し始めると「お前、とうとう変な宗教にはまったな」とかいわれるので、めったに話すことはないのだけどね。

実を言うと、祖母も、母親も、妹も、俗にいう「霊感」的なものがあって、不思議な体験をしてきたけれど、いっつも「不思議なことあるよねー」「こういう偶然もあるんだねー」とかで話が終わってしまっていた。

おっかながりの私は、自分に「霊感」がないことに感謝していたけれど、子どもの頃から金縛りにはよくあっていた。

眠ろうとしている布団の中で、意識があって、周囲がよく見えているにもかかわらず、体だけは動かない。そのうち足先の方から「ズドーン」という衝撃を感じて、尋常でない「重み」がだんだん上へと登ってくる。

ひどい時には一晩10回くらい金縛りにあっていた。

でもまぁ、ぼく自身としては「体=眠っている。知覚=まだ目覚めている」そのギャップが金縛りという現象だろうと、科学的に解釈しているつもりだった。

ところがである。最近、金縛りが変化しているのだ。

「からだが動かない」ことは一緒だけど、見えている風景が違っている。自分の寝室を見ているのではなく、金縛りに合うと同時に、目の前の景色がどこかにスリップしてしまう。まったく見たこともない場所に、移動しているのです。

「昨日の金縛り」では、ぼくはどこかの家のキッチンを横になって眺めていた。それはステンレスの寸胴があったり、タイル張りの流しがあったりと、特徴的なキッチンで、しかもぼくはタイルの1つひとつの色彩まで克明に見ることができ、動かない体でステンレス鍋に目を移せば、メーカー名と思われる刻印までもがはっきりクローズアップされてくる。さらに、困ったことに(というか、怖いことに)その寸胴なべの向こう側に「だれか」がいることがわかるのだ。

おいおい、勘弁してくれよ。

ちくしょー、からだ動かねぇよー。と思いながらも、ぼくは覚悟を決めて、その、どこかのだれかに会わなきゃいけないのかもしれない。と心のどこかで思っていたりもしている。

でも、怖いよう。

オレ、おっかながりなんだけどなー。

こういう時、猫が一緒の布団で寝ていてくれると、とても助かるのです!

「大丈夫、こいつがいる!!!!」と感じると、金縛りも乗り越えられる。


でもね、今、夏でしょ。猫は、人間と一緒に寝ていない。涼しい場所にいる。

だから夏は、怪談にふさわしいシーズンなんだろうなと、納得しているのです。


今夜もたぶん、猫がそばにいねーよぅ。


kanamini.jpg

金縛りでもないのに、からだがズドーンと重たいのは、こういうケース。



ラベル:金縛り 霊感 解消
posted by jin at 22:57| 東京 ☔| Comment(0) | ほぼ猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。