2017年09月25日

ワレモコウのフクロウ時計

フクロウ&じょん (563x800).jpg
その時、ワレモコウの扉が開いて、フクロウ時計が時を告げました。 でも、あまりに音が小さくて、ジョンには何時だかさっぱりわかりませんでした。
「もっと大きな声で鳴いたほうがいいんじゃないの?」
しかしワレモコウの中でドンちゃん騒ぎが始まっていたので、 彼の忠告はフクロウたちには届かなかったのです。(架空小説『勝手口ぺんぺん相談所』)


posted by jin at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の絵・花の絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。