2017年08月15日

終戦の日の話

今日は終戦記念日なので、ちょこっとだけ、そのことを書いておこうと思います。

爆撃で家を失った母親たちは、「そこいらへんにある」廃材を寄せ集めて、掘立小屋を建てて暮らしていました。それがどれくらいの「掘立」具合かというと、すきま風はもちろん、夜見上げれば廃材の間から星のまたたきが見えるというしろもので、「冬、寒さに目を覚ましたら、隣に寝ていた兄の顔に雪が積もっていてびっくりした」とよく話していました。兄は、それでも寝ていたそうです。

何はともあれ、1945815日、なんだか大事な放送があるというので、トランジスタラジオの前に一家は顔を寄せていました。そしてはじまった玉音放送。兄が一生懸命チューニングして聞き取ろうとしましたが、ラジオから流れてくる天皇の声は、頭のてっぺんから出てくるような声で、母には何をいってるのか意味がわからなかったそうです。まぁ、電波の問題もあれば、ラジオ側にも問題があったのでしょうけどね。それで「なんだって?」と尋ねたところ「よくわからないけど、どうやら戦争が終わったらしいよ」と兄の答え。その瞬間、「あ〜よかった。これで、もう爆撃機は飛んでこない」と心から安堵したそうです。勝ったでも負けたでもなく、とにかく平和であること、平穏であることの安堵。それだけでした。

ちなみにその後、終戦から何か月かたったある日、アメリカ軍のジープが1台、わが家の前を通りかかりました。そして掘立小屋の前でエンジンを止めると、軍人が1人降りてきたそうです。3番目の兄は、戦前、英語の教師になるための勉強をしていたので、軍人の話す言葉がわかりました。

「お前たちは、なんでこんなひどい家に住んでいるのだ?」と彼は聞いたそうです。そこで兄が「お前たちが爆撃で粉々にしたから、こんな家になってしまったのだ」と説明しました。すると軍人は「ソーリー」といい、「これを食べてくれ」と自分のために支給された弁当を置いていったそうです。

弁当のフタを開けた母はびっくりしました。おいしそうなおかずが並んでいて、ウインナソーセージも入っています。東京で生き残った人々は、薄めて薄めて薄めた雑炊にサツマイモのツルなどを混ぜて食べていた時のことです。ウインナーを一口かじった母は、「こんなにおいしいものを、兵隊さんたちが食べている国に勝てるわけがない」心底そう思ったと話していました。

pice (602x640).jpg
猫も人もゆっくり眠れること。それが平和。


ラベル:終戦
posted by jin at 17:59| 東京 ☔| Comment(0) | ぼくが戦争を嫌いな理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。