2017年11月14日

ほぼ猫日記:チバニアン

火山が噴火して溶岩が流れると、溶岩は鉄を含んでいるので、固まる時にその時の磁気を記録します。南北が逆転していることはそれほど珍しいことではなくて「地球ってこんなにコロコロ磁場を変えてたんだなー」と学生の頃思ってましたのさ(一応、地質学科だから)。
チバニアンも磁場が逆転していた頃の地層で・・・といったことは、まぁ、おいておきましょう。チバニアン。なんだか語呂がよくありません。エイリアンっぽいというのか、ジバニャンみたいでもあるし。そこで千葉ニャンなんてどうかと思い、描いてみました。ああそうか、磁場ニャンでもよかったか。
chibanya (800x665).jpg
     チバニャン
※千葉県は農産物・水産物の宝庫で「落花生だけじゃないぞ!」という土地柄です。伊勢エビもサザエも金目鯛も、ナシ、ニンジン、カブ、ホウレンソウ・・・いろいろあります。(先日、取材に行ってお話をうかがったばかりなので、千葉県PRです。)



posted by jin at 13:47| 東京 ☁| Comment(0) | ほぼ猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。