2017年09月06日

ご質問コーナー:カンブリア紀キモイのはなぜ?

「カンブリア紀の生き物たちは、どうしてあんな変な姿をしているのですか?正直キモイです。」というご質問をいただき、誠にありがとうございます。当研究所で精査した結果をお知らせいたします。
キモイとお思いのようですが、なかなか味わい深いのもいます(実際の味はわかりません)。しかも、どれもこれも手のひらサイズ。そう考えると、カワイイでしょ・・・えっ、そうでもない。anoma.jpg
さてご質問の回答ですが、デビューしたての芸能人は、とてもイモっぽいです。ダサいです。それが人から注目されるほどに磨かれていって、スゲー美人になったりすることは、よく知られた事実ですね。
実は、「目」は、カンブリア紀にはじめて誕生しました。見ることができるようになったのです。そして生き物たちは、ぎょっとしました。あまりにもブサイクでキモイやつらだらけだったからです。きっと、自分の姿にもがっかりしたことでしょう。そして、お互いがお互いを「見合う」中で、じょじょに洗練されていき、やがて猫のような完成形に至ったのだろうと考えられています。

※最近、進化関係の本の制作を手伝っていたので、思考がタイムスリップしています。現実から目を背けているのです。いいことです!



posted by jin at 16:13| 東京 🌁| Comment(0) | ご質問コーナー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ご質問コーナー:もし恐竜になるなら…

「もしも恐竜になるなら、何がおススメですか?」というご質問をいただき、誠にありがとうございます。当研究所で精査した結果をお知らせいたします。

1.バキケファロサウルスはおススメできません。
baki-1 (800x417).jpg
その骨格から、硬い頭骨をぶつけあって・・・つまり頭突きで、優劣を決めていたなどという物騒な見解があるためです。しかしご安心ください。「頭骨は楽器として使用していたのではないか」というのが、当研究所の最新の見解です。森の音楽家を目指すのであれば、ご一考に値するかもしれません。

2.ティラノサウルスもおススメできません。
baki-2 (800x684).jpg
前足があまりにも短いためです。高いところに引っかかった風船も取れないし、蚊にさされてもかけないためです。それに、毎日獲物を探して歩き回るのは、とても面倒です。

3.ブラキオサウルスは、残念。首を休める場所が必要です。
baki003 (800x398).jpg
でかくて無敵なのでおススメしたいところですが、長すぎる首を伸ばしたまま生活しているので、時々「ちょうどいい高さ」の崖を見つけて、首を休めなければいけません。こんなところを、肉食獣に襲われたらピンチです!

4.当研究所の一押し!トリケラトプス。
baki004 (800x449).jpg
草食獣なので食べ物には困りません、安心です。草食獣にしては強いので、安全です。ただ体が硬い鎧に覆われているため、後ろから友達につんつんされたりした時、振り向くのが面倒です。大きな弱点はそのくらいです。ぜひ一度、お試しください。(猫博士研究所:広報部)
posted by jin at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | ご質問コーナー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。